実際の刑事裁判の流れとは

刑事裁判の流れは、以下のとおりです。
まず、「人定質問」。
被告の氏名や職業などを確認します。
次に、「起訴状の朗読」。
検察官によって、起訴状が読み上げられます。
起訴状には、「誰が被告なのか」「被告が何をしたのか」「被告の行為は、どのような罪に当たるのか」ということが記載されており、かなり長い文章になっています。
「黙秘権の告知」。
被告の権利である黙秘権について、裁判官から告知がなされます。
「陳述」。
ようやく、被告に発言の機会が与えられます。
ほとんどの場合、起訴状の内容を認めますが、まれに否認することもあります。
「証拠調べ」。
被告の犯罪について証明していきます。
まず、検察官が冒頭陳述を行い、被告人の犯罪行為について説明します。
次に、証人の尋問や証拠物の提出などの請求を行います。
検察官の請求が終わったら、被告および弁護人も請求することができます。
そして、証人尋問などが行われます。
それらが終わったら、検察官による「論告・求刑」です。
おおむね、「被告はこのようなことをしたので、このような罰を与えるべき」という内容です。
その後、最終陳述として被告および弁護人に発言する場を設け、それらがすべて済めば判決が下されます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿