少年刑務所の実態、教育は行われているのか?

刑事裁判で有罪の確定判決が出て執行猶予も付かなかった場合には、刑務所に収監される仕組みになっています。この際に、受刑者の年齢や刑期などによって、入所する刑務所が決定されます。そして、26歳以下の受刑者に関しては、少年刑務所に収監するというように定められています。少年刑務所は、その名称から少年院と混同してしまう人も多いです。しかし、少年院とは別物で、成人の受刑者を収容する施設になっています。
そして、成人であっても中高年と異なり年齢が若いことから、矯正教育を実施することで真人間に改心させることが可能という前提で運営されています。そのため、通常の刑務所では行われていないような矯正を重視した取り組みが豊富に用意されているという特徴があります。そのため、出所してから再び刑務所に戻ってくるといった例をできるだけ少なくすることを目指しています。
一方で矯正に関すること以外では、通常の刑務所と同様に厳しい内容になっています。刑務作業を行い、自由を厳しく制限されるという生活です。所持品などに関しても、かなりの制限を受けることになります。そのような生活を送ることで、受刑者たちは犯した罪を償うという仕組みです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿