少額訴訟の証拠の用意について

60万円以下の金銭支払い請求であれば素人でも簡易裁判所に行けば、簡単に起こせるのが少額訴訟です。少額訴訟は通常一回で判決が出るので長々と裁判に係る必要がないところが便利なのです。
しかし、単に貸していた金銭を返済してもらえないからと安易に訴訟を起こすのは考えものです。大金でなければ借用書なしでお金を融通することもありますが、口約束だけでは相手が否定した場合、第三者から見て証拠がないということになります。この場合は返済催促等を内容証明で前もって行い、相手からの返答の文書を添えて証拠として訴状提出時に一緒に提出しておかなければいけません。商取引であれば売買契約書、納品書、納品受取書、請求書、振り込み銀行口座通帳控え、などを用意します。この場合、裁判所、被告分の二部もコピーして用意しなければなりません。いずれにしても相手に正式に支払い請求をした過去がある証拠として内容証明の形式の文書があるに越したことはありません。少額訴訟は基本的に一日で裁決が決まりますから証拠の追加提出ができません。証拠書類や証人はその期日の内に調べられものに限りますので、状況が不利になったからと言ってその場で新しい証拠を提出するのが難しい場合もあるのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿