捜索差押許可状とは

通常、差押という言葉を目にすると、公共料金の支払いや借入金の返済を長期にわたって滞納させた者に対して行われる民事執行法上の差押を思い浮かべるものです。しかし、差押の規定は他の法律にも明記されており、刑事事件の中では刑事訴訟法に基づいて差押が実施されることがしばしばあります。
刑事手続における差押は、証拠品をはじめとする物品の取得を目的に行われ、原則として裁判所による「捜索差押許可状」と呼ばれる文書の発付を経て行われます。捜索差押許可状には、被疑者や被告人の氏名と生年月日、罪名、捜査すべき場所・身体・物、差し押さえるべき物、請求者の職階と氏名、有効期間が記載されており、さらに捜査および差押の許可を出した裁判所の名称と裁判官の氏名も記載されています。刑事手続において捜索差押許可状を請求するのは主に、検察官、検察事務官、一定の階級以上の警察官で、捜査や物品の差押を行う場合は捜査対象者や関係者に対して捜索差押許可状を示さなければなりません。
捜索差押許可状は通常の捜査および差押では必須ですが、被疑者を逮捕する場合は逮捕現場での捜査や差押、検証を令状なしで行うことができます。この時には、通常は行われない逃走に用いるための武器や道具類の差押も行われることがあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿