知っておこう!犯罪被害者保護制度

社会生活をしている上で、いつ巻き込まれるかわからないのが犯罪です。犯罪の被害者になった場合には、精神的また経済的に大きな損失を被ることになります。そのため、いくつかの救済制度があり、そのひとつが犯罪被害者保護制度です。
この制度では、犯罪発生後において裁判などでの犯罪の被害にあった本人やその家族に対しての様々な保護を図ることを目的とした制度となっており、その法律の裏付けとしては刑事訴訟法や犯罪被害者保護法などを通じて、被害者や被害者家族の負担を軽減するというものです。
基本的な軽減内容としては、裁判手続きの傍聴のための配慮、訴訟記録の閲覧や謄写、民事の争いでは開示訴訟手続きによる若い、被害者などが参加する刑事裁判制度、被害者等の情報保護、裁判における被害者等の意見の陳述や検察審査会への審査申し立て、損害賠償請求に対する刑事手続の成果を利用する制度などがあります。特に保護制度においては裁判への直接参加と法定での被害者の保護などが配慮されます。
なお、犯罪被害者に対する補償制度や給付金制度は殺人や傷害などの犯罪で死亡した被害者の遺族に対して給付金が支給されるものですが、この制度とは別のものになります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿