素人でもできる少額訴訟のメリット

訴訟というと弁護士がイメージされますが、依頼・成功報酬が高くなかなか敷居が高いのが現状です。そんな時は少額訴訟検討してみるのも一つです。60万円以下の金銭要求しかできませんが少額訴訟はプロに頼まなくても自身でも行うことが可能です。相手方が少額訴訟に応じず普通裁判を要求してきた場合にはできませんが、特に反対がなければ少額訴訟を行うことができます。少額訴訟の最大のメリットは原則1回の裁判で審理を終え、和解や判決などの結論が出ることです。通常の裁判となると何度も裁判所に出向く可能性もあり、時間的制約をかなり受けます。このため特に仕事をしている人にとって普通裁判は非常に厳しいものといえます。これに対し少額訴訟の場合は、証拠が揃っている、関係者があまりおらず問題が複雑でない金銭返却などに向いている訴訟と言えます。申し立てについては被告の住所地を管轄する簡易裁判所でも自身の住所地の簡易裁判所でも行うことができ、遠方の相手に対して高い交通費を払って申し立てをする必要もありません。60万円という制限はありますが、今回はその一部の50万円という形で分割して行うことも可能であり、最初の訴状でその旨を書いておけば60万円を超える訴訟も少額訴訟の形を取ることができます。内容証明で相手が動かない場合で且つ、証拠がそろっている時には少額訴訟を視野に入れることも有効な手段であると言えます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿