債権の差押について

人にお金を貸して素直に返してくれるとそれにこしたことはないですが、そんなに都合よくいけばいくとは限りません。何度督促しても全く応じないことも稀ではなくよくある話です。そうした時に債権の回収の手段としてどのようなものがあるかと言いますと、相手が他のものに貸している債権の差押というものがあります。
この差押は、法律の知識ないと難しく思うかもしれませんが、実際にはそうでもなく、むしろ金銭消費貸借の契約の時に、その契約書を単なる様式をふまえた一般的なものにするのでなく、公正証書に基づくものにしておけば、債務名義といってこの借金について公に権利があると公示しているのと同じなので、その相手に対して裁判所に申請して差押が可能になります。お金を貸すという行為をあまり軽いものにせずに相手に対して重要なことで知らしめるためにこうした契約書の方がいいです。
でこの後の効果ですが、債権を差押するので、その債務者に対して直接取り立て支払ってもらうこともできますので、即時に債権回収が可能な場合もありますが、この差押の難点は、債権者が競合したとき、何重もの差押がされたときには優先的に返済を受けれなくなる可能性がでるので、行うときは迅速かつ秘密裡にする必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿