裁判訴訟と何が違う?少額訴訟とは

少額訴訟とは簡易裁判所の訴訟手続きの一つで、少額の金銭の支払いについて争う民事訴訟のことです。具体的には60万円以下の金銭の支払いについての訴訟手続きです。当初は30万円以下という規定だったのですが、利用者が多く、制度として評判が良かったため2003年の民事訴訟法改正により、現在の60万円以下となりました。この少額訴訟制度の特徴は手続きが簡単だ、という点です。そもそも、通常の裁判のように色々な手続きを踏んでから裁判となると、時間も費用もかかってしまいます。そうなると、少額の債権を回収したい場合には、裁判費用の方が金額が大きくなってしまい、何のために裁判をしたのか分からなくなってしまします。また、時間も多く取られてしまうため、割に合わないでしょう。したがって、少額訴訟では手続きを簡単にし、時間と裁判費用を抑えることにしています。そのため、60万円以下の金銭の支払いを求めるのであれば、少額訴訟制度を利用することによって、費用を抑え、早期に金銭を回収することが可能なのです。また、少額訴訟のために、弁護士や司法書士、行政書士を雇うことは必ずしも必要では無く、自分自身で訴えを起こすことができます。猫12 pet01_l

コメントは受け付けていません。

最近の投稿