裁判の調停が入るの?少年鑑別の方法は?知っておきたい鑑別の種類

少年鑑別所は、少年審判の前段階として少年の身柄を保全し、心身の鑑別を行っていく場所です。少年鑑別においては、少年の人となり、今までの経歴や育ってきた環境、人格などそれらが互いにどう関係しているかをしらべたうえでどういう矯正が本人にとって最良の更生プランとなりえるかを様々な面で調査し、鑑別結果通知書として家庭裁判所に送付されます。

調査の内容としては、家庭裁判所の職員である調査官との面接や、心理テストなどで知能や性格、適性などを判断したり、少年の姿を見るための意図的行動観察、少年に絵や貼り絵にチャレンジしてもらう上で理解を深め、家庭裁判所で保護者から話を聞くなどして判定会議を行います。この判定会議でおおよその処遇が決まり、その結果が家庭裁判所に伝えられ、これを基に処遇が決まります。

鑑別にも種類があり、収容鑑別の他に少年鑑別所でなくても在宅で鑑別ができる在宅鑑別、少年院や刑務所など依頼によって鑑別を行う依頼鑑別など様々あります。非行を犯した少年のほとんどは収容鑑別によって少年の鑑別が行われており、在宅鑑別などはあまり見られません。少年の人となりを見るため、少年鑑別所の職員は全体的に優しい人が多く、非行少年にとってはここが一番居心地がいいと言われています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿