相続登記とはどういうものか

相続登記とは、亡くなった方(被相続人)が所有していた不動産の名義を相続人名義へ名義変更する登記申請のことをいいます。
相続登記の申請手続は、管轄の法務局に申請しなければなりません。
相続登記を申請するには、申請書、被相続人の生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍謄本、改製原戸籍、除籍謄本、住民票の除票又は戸籍の附票、相続人全員の戸籍、相続人全員の住民票、固定資産税評価証明書等の評価額の分かる書類が必要になります。
これは、あくまで法定相続で相続登記を申請した場合に必要になる書類ですが、仮に遺産分割協議を行って、特定の相続人が相続をした場合には、前述の書類に加えて相続人全員の印鑑登録証明書及び遺産分割協議書の添付も必要になります。犬10
なお、相続人の中に未成年者や認知症の方がおられる場合には、遺産分割協議をする前提として、特別代理人や成年後見人等の選任の申し立てを家庭裁判所に行わなければなりません。
法務局に提出する戸籍謄本や遺産分割協議書等は、原則として返還されません。そのため、提出した戸籍謄本等を返還してほしい場合には、相続関係説明図を作成し、遺産分割協議書等のコピーを一緒に提出することで、原本を返還してもらうことができます。

コメントは受け付けていません。