身柄拘束と逮捕勾留の違いとは

刑事事件が発生して犯人だと疑われる人が特定された場合、いきなり警察官が逮捕して身柄を拘束する事はできません。まずは検察や警察は裁判官に逮捕状を請求し、それが認められると逮捕勾留が可能になる逮捕状が発行されます。主に被疑者の逮捕を行うのは警察官の役目であり、犯人の疑いがあり逮捕された起人を被疑者と言います。被疑者を逮捕すると、48時間以内に検察へ送致する必要があります。送致を受けた検察官は、警察官が被疑者を拘束してから72時間以内に、裁判所に勾留を請求するか釈放するかを判断します。
要約すると、逮捕勾留とは被疑者の身体を強制的に最大72時間拘束する事ができる処分です。逮捕勾留の72時間以降の勾留を身柄拘束と言い、起訴前勾留では被疑者の身体を原則として10日間拘束する事ができます。拘束期間を延長した場合はさらに追加で10日間の拘束も可能です。つまり逮捕と起訴前勾留を合計すると、起訴前にできる被疑者の身柄拘束期間は最大23日間となります。被疑者が心神喪失状態で事件を起こした場合の鑑定入院や、観護措置を目的に少年を少年鑑別所に拘禁する処分など、身柄拘束にはまだ有罪が決定していない時点の拘束だけでなく、特殊な手続きによる処分も含みます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿