マルサとは?その「差押」について

国税局の査察部のことを通称「マルサ」と言います。「マルサの女」など映画やドラマでも聞いたことがあるのではないでしょうか。税金の滞納者や、脱税をしている人を取り締まる捜査をしたうえで、行政法に基づき財産を差し押さえる権限を持っています。
マルサには強制調査権があり必ず対応しなければならない点が、通常の税務監査との違いです。また、証拠が見つかるまで期限なく調べられることができるのも一つの特徴です。そうした調査により見つかった証拠をもとに、裁判所がガサ入れの許可を下します。
たいていの場合は、マルサが査察に入るとかなりの高い確率で脱税が発覚します。逆を言えば、査察に入られるということは、脱税がバレているということになります。しかし、強制調査権はあるものの逮捕の権限はありません。しかし素直に対応せずにいると、検察への告発を招くことになり、それにより逮捕されることにつながる可能性があります。
もし、マルサに目を付けられたら、査察関係に強い税理士にまずは相談しましょう。下手に隠しても必ず脱税は見つかります。それほどマルサの査察能力はすごいのです。当たり前のことですが、きちんと法律を守って決められた税金を納めることが大切です。

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿