競売に参加する方法

競売とは、借金の返済が出来なくなってしまった債務者の担保となっていた土地や建物を、債権者が裁判所に申し立て、物件を売却することで借金の返済に充てることをいいます。
この競売は、特に資格が必要なく基本的に誰でも入札できます。ただし、その競売物件の債務者や裁判所が制限を掲げた場合にはその条件に当てはまらない人、談合や入札妨害など、適正に行われるべき実施を妨げる行為をした人は競売に入札することはできません。
裁判所の競売物件は、通常1週間程度の期間を設けて入札書を受け付ける、期間入札という方法がとられています。また、希望価格を決めて入札するのは一度きりとなっていて、変更や取り消しはできないことになっています。入札金額が一番高値である人が、落札できる仕組みとなります。
入札開始日は「BIT競売情報システム」という情報サイトで確認することが出来るので、入札が決まったら、裁判所でもらえる、入札書・入札用封筒・裁判所保管金振込依頼書・保証金振込証明書の入札セットと、公告書に記載されている額の買受申出の保証金、印鑑、住民票(法人の場合は資格証明書または登記事項証明書)を提出します。
入札期間が過ぎてから、1週間以内に開札され結果が出ます。落札できたら裁判所より売却許可決定が下され、裁判所から送付されてくる代金納付期限通知書において納付をします。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿