競売物件は現金購入しかできないの?

不動産競売とは債務者が弁済を行なわないなどで、差し押さえを受けた物件を裁判所が競りにかけて販売することを言います。特に競売物件は、一般の取引で購入する場合と比較して、競売市場修正が行なわれることで3割程度、評価額が低くなることが知られています。

そのため、競売物件は割安で不動産を購入できるとして人気となっており、なかにはそういった競売物件のみを専門的に探す人もいるほどです。ただ競売物件には占有者が存在するケースもあり、占有者に明け渡してくれるように交渉を行なわなければならない場合もあります。

実際には買受人が負担するべきリスクも存在するため売却基準価額を決定する上では、評価計算してきた額から競売市場修正額を減額を行います。一般的に競売市場修正は通常、率で表現されています。

また競売物件を購入する場合は、まず事前に2割の保証金を支払います。そして実際に落札できたら、裁判所によって代金納付期限が指定されるので、その期限内に必ず残りの売却価格の納付を行なう必要があります。

その支払いも一括による支払いのみとなりますので、その期限内に支払いが行なわれないと競売物件を買い入れる権利が消滅したり、前払いした保証金も失うこととなります。そのため、あらかじめ現金を用意するか、金融機関などでローンを組んで用意をしておく必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿