競売物件は誰でも購入可能?

債権者等が差し押さえた不動産を初めとする物件は競売物件となり裁判所が競売します。これまでは不動産業者等が主に競売に参加して転売する事例が多かったようです。しかし一般の個人でも競売には参加できるのです。競売に参加するためには何の資格も必要ありません。落札額を支払うお金を持っていれば良いのです。競売は一番高い金額で入札した人が最優先なので、どんなに多くの不動産屋が参加したとしても一番高い金額を提示すれば普通のサラリーマンが買えるということになります。
通常の同じ価値の不動産と比べて2~3割は安く買えると言われいます。場合によっては相場の一割で買えることもあります。競売は裁判所によって告知はされますが民間の販売会社のように大々的に宣伝を行わないので認知度が低いからです。また、仲介料が発生せず物件購入費だけで済むことも利点です。しかしほとんどが元の所有者の意志に反して売られるものですから、瑕疵がある、先住者が現在も住み続けているなどの問題が考えられます。この場合でも誰も責任を取ってくれませんから、個人で解決するのはかなり難しいかもしれません。競売代行サービスを利用するなど予めプロに相談しておくことも大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿