競売物件で見つかる特殊物件って?

競売物件とは、裁判所の手続きによって売却される事となった不動産の事です。ほとんどが借金を返済できなくなったために債権者に差し押さえられた物件と考えて良いでしょう。競売物件は入札によって最も高い値をつけた人が購入できますが、不動産業者ではない一般の個人も入札に参加することができます。
競売物件には中間業者のマージンがありませんので、一般的な相場よりは3割以上安く購入できると言われています。しかし不動産には素人である個人が手を出しにくいのは特殊物件というものが存在するからです。競売物件は元々、商業用に売り出されているものではありません。持ち主の意志に反して売却されるものが多いのです。従って土地の形が使いづらかったり、土地が公道に接していなかったり、住宅地でなかったり、という通常では売り物にならないような物件が多く存在するのです。注意しなければいけなおのは、雨漏りや腐食等の後でわかった瑕疵に関しては泣寝入りするしかないという事です。競売には、瑕疵担保責任を取るべき売主が存在しないからです。また競売時には説明されていなくとも売主とは別の居住者が居る場合もあります。この時も個人で解決しなければならないので特殊物件は扱いづらいのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿