口頭弁論までの準備と流れ

訴訟は一般市民にとって馴染み深いものとはいえません。本人で対応するのは難しい部分があり、かといって弁護士に依頼すると少なくない報酬がかかります。裁判に訴えたくてもこういった不安があって諦める人が少なくありません。
少額訴訟とは、弁護士に依頼することなく本人が簡単に訴えを起こすことができるように考えられたシステムです。もちろん弁護士に依頼することもできますが、本人だけで対応することも充分に可能です。60万円以下の請求に限られること、審理が原則1回であることが特徴で、判決が確定すると、通常の訴訟と同じく強制執行が可能になります。
フローチャートは訴えの提起、審理期日の決定、1回の審理、判決、異議申し立てがなければ確定、といたってシンプルです。弁護士に依頼したり、何度も裁判書に足を運んだりする必要がないため、誰でも諦めずに訴えを起こすことができます。
被告は反訴はできませんが、その代わり通常訴訟へと移行させることができます。つまり、原告が少額訴訟で決着をつけたいと思っていても、被告が希望すれば通常訴訟へと移行するため、被告の反論が大きいと予想される事案には適していません。また少額訴訟には向かない事案であるなど、裁判所の判断で通常訴訟へと移行することもあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿