金銭以外には使えない少額訴訟のデメリット

少額訴訟とは、文字通り少額の金銭回収を目的として提起する訴訟のことで、少額とは60万円以下の金銭のことを言います。少額訴訟を提起すれば、一度の裁判を行なうだけで解決することが出来るメリットがあり、支払督促よりも効果があります。

またスピーディに当事者間の問題を解決することが出来る点とその手続きが簡単で費用も割安であるため、少額での金銭回収を図る手段として優れています。ただ一番の問題点としては、相手方が反対した場合には利用することが出来ないデメリットがあります。

つまり、相手方が反対した場合には通常訴訟へ移行する形になります。相手方は少額訴訟でも訴訟を起こされると弁護士に相談するケースが多いです。

その場合、弁護士は一回の審理で簡単に解決してしまう少額訴訟は好ましくないと考え、通常訴訟に持っていこうとして反対することも多くなります。また金銭以外の請求を少額訴訟にすることは出来ないのもデメリットです。

それほど大したことがない請求においても、場合によっては通常訴訟でしか争うこと出来ないので、少額訴訟を提起するための証拠資料などの準備などの手続きがムダになります。特に交通事故による損害賠償請求などの面においては、相手方は保険会社に解決の依頼を行なうこととなるので、当然、通常訴訟を選択されることとなります。

よって少額訴訟では、利用を検討している原告に不利があるのがデメリットとなります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿