刑事事件の弁護士費用の相場とは

刑事事件の弁護士費用は、60万円から80万円が相場と言われています。
ただこれはあくまでも標準的な場合であって、事件の内容などによっても変わってきますが、高い場合であっても100万円を超えることはまずないでしょう。
そしてその詳しい内訳についてですが、まず着手金が30万円から40万円、加えて報奨金が30万円から40万円が相場と言われていて、必然的にその合計が60万円から80万円となるわけです。
現在では弁護士費用は自由化されていますが、自由化される以前の規定では着手金は30万円から50万円と定められていましたので、それが現在でも踏襲されています。
なお身柄を拘束されていない場合や、犯行を認めている場合などは着手金が安くなるケースもあります。
反対に容疑を否認している場合などは高くなる傾向があります。
また報奨金についてですが、こちらも自由化される以前の規定が現在でも踏襲されているため、30万円から40万円が相場となっています。
ただし起訴される前に弁護を依頼し、それ以降に起訴された場合には報奨金は発生しないケースが多くなっています。
いずれにせよ弁護士費用の相場は一般的にはあまり知られていませんので、弁護を依頼する立場になってから慌てることのないよう、知識として身に付けておいた方が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿