買っても住めない?特殊な競売物件

競売物件は都心部などにおいては、通常の市場価格よりも安く購入できるメリットがありますので、不動産を欲しい方にとっては魅力的です。ただ通常の不動産の売買の様に、売主の引き渡し義務や鍵の明け渡し義務などが存在しないため、ある意味、特殊な物件であると言えます。

通常の不動産の売買であれば、引き渡し義務の一環として不動産屋の担当者による事前の説明や確認、検査などを行ってくれ、安心して不動産が引き渡されます。そのため、住む上でも快適であったりすることが多いです。

しかし、競売物件であれば売主の建物の引き渡し義務が生じないため、現在の状況を把握しないで入手してしまうこととなります。例えば、建物に前の持ち主が未だに居座り続けたりして占有している場合も存在します。

占有者が存在する場合には、落札した人が法的手続きに従って排除を行なう必要があります。しかも競売物件に隠れたる瑕疵などが存在する場合も多く、そういった場合でも売主は裁判所となるため、担保責任を追及することが出来ません。

例を挙げれば、水道が出ない場合や水が漏れてしまうといったケースでは、売主に対してそれを修繕することを請求することが出来ません。逆に通常の不動産物件の取引であれば、買主は売主に修繕を行なう様に要求することが可能です。

従って、競売物件を運よく落札して不動産を手に入れたからといっても、そのまま簡単に快適に住むことが出来ない場合も多いです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿