仮差押と担保について学ぼう

債権の回収には、いろいろな手段があります。その対象物が不動産なのか、動産なのか、または債権なのかで違います。その中でも効果的な方法は、仮差押と手法です。これは、相手に抵当権などが付着している担保物権である場合にも使えます。
そもそも仮差押とは何かといいますと、債務者に対して何らに債権をゆうしていた場合には、普通はその債権が有効なものかどうか判断してもらうプロセスつまり債務名義を得ないと強制執行できませんが、この場合に仮に効力を発生させて自分の債権回収の不能の保全のため、民事保全法に基づき申請します。この効力は、あくまでも権利確定までの仮のものであっても効果が絶大で特に不動産においては、その仮差押えの登記をすれば、そののちにした登記の権利に対して排他的に効力を発揮して、仮差押え以下の登記は抹消登記を覚悟の上で、登記することになりますので、権利保全に一番いい方法です。
権利の保全の意味においては、この手続きを先にしていると他の債権者との競合となり勝手に処分させないことにもなり、他の債権者のあとにこの仮差押の手続きをしておけば、債権者として参加できる効果がありますので、債務者に対する債券があれば裁判所に申請すれば簡単にできるので知識として知っておきたいところです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿