普通の不動産物件との違い

競売物件とは裁判所によって競売にかけられた不動産のことを言い、買いたい人が落札する形で購入することが出来ます。一般不動産との大きな違いについては、地域の相場よりも3割程度も安く購入でき、競売前の複雑な権利関係を国によって整理する形となりますので、大変お得であると言われています。

よって1000万円以下の不動産の取得が難しい地域であっても、それ以下で不動産を得ることが出来る可能性もあります。ただ一般不動産の取引は消費者の取引の安全を図るための宅地建物取引法の適用があります。

そして競売物件は、民事執行法が適用されるので適用される法律が異なります。また一般不動産では、物件に対する案内や説明がありますが、競売物件にはそれ自体なく、自己責任によって落札する形となります。

建物の内部を見て回る内覧や鍵の引渡しが存在するのが一般不動産物件ですが、競売物件にはそれもありません。しかも一般不動産では売主の瑕疵担保責任や物件の引渡し責任がありますが、競売物件にはそういった売主の瑕疵担保責任の追及を行なうことが出来ず、物件の引渡し自体も存在しない特徴もあります。

そのため、一般の契約による取引では契約者保護がありますが、競売物件での瑕疵などが存在した場合、総て訴訟による解決を図ることとなり、その点のリスクが存在します。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿