増え続ける犯罪と少年刑務所、弁護士はどこまで介入できる?

受刑者が26歳未満である場合収容されるのが少年刑務所です。
少年という名前ではあありますが、20歳未満より20歳以上の方が多いという実態があります。
しかも、近年は収容される人間が増加傾向にあるため26歳以上であっても収容されている場合が珍しくありません。
また、成人と20歳未満が同室にならないように工夫されていたり、通常の刑務所よりも更生に関するプログラムが盛んに行われるという違いがあります。
そして、通常の刑務所よりも弁護士の介入が深いというのも特徴の一つです。
通常の刑務所よりも平均年齢が低いことから更生の可能性が高い上に社会復帰する可能性も高いためです。
そのため、入所中から密にサポートをするという場合もあります。
そもそも、少年刑務所が通常の刑務所と区別されているのは初犯などが多い受刑者を再犯率の高い成人受刑者と同じ扱いにし悪影響を及ぼさないようにさせるためです。
刑務所というのは、刑罰という扱いで犯した罪を償う施設という意味合いであるのに対し、少年刑務所は非行を起こした人物を社会に適合させるように矯正的な教育を受けさせる所という位置付けです。
あくまで今後のためであるので弁護人が介入する機会が多いのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿