判決後の裁判所の判断と執行について

少額訴訟においても、判決には強制力があり、強制執行も可能です。もしも異議がある場合は、2週間以内に異議申し立てを行います。異議申し立ては原告、被告双方が行えます。2週間以内にどちらからも異議申し立てがなされなければ判決は確定し、覆すことができなくなります。
通常、金銭の支払いに関する訴訟の場合、判決では一括での支払いとなりますが、少額訴訟では分割払い、支払猶予、遅延損害金免除となる場合があります。通常訴訟ではこれらは原告と被告が和解した場合のみですが、少額訴訟では原告の同意なしに裁判官が独断で決めることができます。原告の請求が認められたものの、分割払いや支払猶予等の条件のみを不服として異議申し立てをすることはできません。原告は、これらの条件を認めるしかありません。
裁判官がこうした条件をつけるのは、被告に一括での支払い能力等がないと判断した場合です。一括での支払い判決を強く望む場合は少額訴訟は避けたほうがよろしいでしょう。裁判で勝訴するということは、勝訴判決を取るという意味であり、債権の回収が約束されるわけではありません。いくら勝訴しても相手に支払能力がなければ回収できません。そのことを念頭に進めることが大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿